矯正歯科専門医 宮島悠旗

ブログ

ブログ

日本に住む外国人の76%が日本人の歯並びが悪いと感じている

14.11.18

大半の先進国では、歯の問題が起きる前に虫歯や歯周病の予防のために、歯科医院を受診する。

それに対して虫歯や歯周病に関して、歯が痛くなってようやく歯科医院を受診する日本人。

なおさら意識が低いのが、「歯並びの悪さ」を治す矯正治療です。

歯並びが悪いと歯並びの見た目だけでなく、成長期に顎が曲がって成長したり、虫歯、歯周病、消化不良などを起こし、間違いなく体の健康を損なうことに繋がっています。

しかし日本人は歯の矯正治療にあまり積極的ではなく、歯並びが悪くても、矯正をした人は約20%という調査結果がある(アライン・テクノロジー・ジャパン調査2012年3月)。

そのため、日本に住む外国人の76%が、日本人の歯並びが悪いと感じているという結果もある(同調査)。

日本人の76%は歯並びが悪い アラインテクノロジー社調べ
「歯並びが悪いことによって、無意識に思い切り笑えなず、前向きになれない人もいます。矯正で綺麗な口元と歯並びになった方からは「人生が変わった!」

という声も寄せられています。

お洒落な服を着た時やヘアメイクした時と同様に、歯を綺麗に整えることは前向きに1歩を踏み出せる自信に繋がります。

日本人の歯に対する意識だけが、なぜ先進国最低ランクなのでしょうか?

もっとたくさんの方に歯並びを治す感動を感じていただきたいです☆彡