矯正歯科専門医 宮島悠旗

ブログ

ブログ

矯正を始めるタイミング

15.06.30

矯正を始めるタイミングは?

矯正を始めるタイミングは…、患者様によってそれぞれです。

「矯正を始めるタイミングはいつが良いですか?」

「子供のうちから矯正をしたほうが良いですか?」などの質問をよく頂きます。

私が考える矯正を始める時期は…「患者様によってそれぞれのタイミングがあります。」  

まずは歯並びが気になったら相談に来てほしいです。

矯正をしたほうが良いタイミングは、診察後に矯正の先生が教えてくれます。

例えば、最近子供の矯正に関するご質問も多く頂きます。

また、診療もしていないのに「矯正をお願いします」というお母さんもいらっしゃいます。

しかし、子供の矯正は診察をしてみないとわかりません。

歯やあごの状態から早めに矯正を始めたほうが良いお子様もいらっしゃいます。

成人では、実は多くの場合、健康を維持するためや理想的な歯科治療を行うには矯正治療が必要です。

さらに、あまり知られていませんが高齢者でも矯正治療ができる場合もあります。

子供が早めに矯正をしたほうが良い場合は?  

特に早めに矯正をしたほうが良いなと思う場合は、顏、骨格ラインに影響がでるなと思う歯並びだったらです。

例えば、上の前歯が下の歯よりも覆いかぶさってない場合は、放置していると顎が曲がって成長してしまう可能性があるため小学校入学前でも矯正の相談に行きましょう。

子供の矯正の場合は、できるだけ永久歯を抜くことなく無事に全ての大人の歯を萌えさせ、顎がずれないように成長させ、歯並びが綺麗になることを目標として計画を立てます。

治療の目標をわかりやすくして、歯並びの検診をしていきます。

子供の歯並びを予想する1つの分かりやすいポイントとしては、赤ちゃんから幼稚園時代の乳歯の歯並びの時に歯の間に隙間が十分あるかどうか確認しましょう。

隙間が無ければ小学校に入って乳歯から永久歯に萌え換わる時に、歯が並ぶスペースが不足しているためにだんだん歯並びが悪くなって行くので、小学校1~2年生の頃に矯正の相談に行きましょう。

20歳を過ぎてからの矯正のタイミングは?

  大人になってから矯正を始めたい方は、気になったらまずは矯正相談を受けてみましょう。

無料で矯正相談を行っているところもあります。

大人になると顔や骨格などの成長が止まり、噛み合わせが安定しますので、矯正治療の期間・目標がわかりやすくなります。

その分、子供よりも短期間で矯正治療を行うことができることもあります。 気になったらなるべく早めに矯正歯科の先生に相談することをお勧めします。  

 

まとめると…

矯正をするタイミングは、

「患者様それぞれのタイミングがあります。」

しかし、

「いつからでも、矯正は始められます。」

少しでも歯並びが気になる、またお子さんの成長、歯並びが気になる方はぜひ、矯正歯科医に相談ください。

次回は、矯正の金額と期間についてです。