矯正歯科専門医 宮島悠旗

ブログ

ブログ

大人の矯正をするとよいこと

15.08.21

こんにちは、宮島です。

 

世の女性が憧れる、整ってバランスのよい「小顔」。

みなさんの周りに、現在矯正治療の最中の方はいますか? その方のお顔の印象、以前と少し変化はありませんか?

または、ただいま矯正治療中の方は、ご自身のアゴのラインに変化はありますか?

 

矯正治療中、治療後にあごのラインがしゅっとして痩せたような印象になる女性がいますが、これにはいくつかの要因があります。

 

ひとつは、矯正治療によって、よく噛めるようになり、今まで余計に力を加えていた噛む筋肉の肥大が解消されてアゴラインがすっきりとした印象に見える、小顔効果につながる

 

2つめは、矯正治療中は装置の影響で食事がとりづらい時期もあり、食べる量が減ってしまう。結果としてダイエットにつながり、痩せた印象になる、小顔効果につながる

 

3つめは、矯正治療中に歯が移動する時の痛みを緩和するために、少しの力で咀嚼ができる柔らかくて消化のよい食事メニュー(御粥や野菜スープなど)に切り替えることで、ダイエット効果を得られる、小顔効果につながる

 

 

矯正治療をする患者さんの全員がこのようになるわけではないですが、多くの方は治療前の食生活と比べると変化があるようですね。

 

歯列矯正と小顔効果の関係、なんとなくわかりましたか?

私の患者さんの中には、治療を始めてから、毎日自分の顔と歯並びを写真に撮って記録をつけている方もいます。そうすることで、自分自身で歯の動きや、顔の変化をしっかりと確認することができるので、モチベーションも上がるようです。

 

1年以上の治療期間を乗り越えてきれいな歯並び、正しい噛み合わせ、素敵なスマイルラインを手に入れるために、様々な工夫をされている患者さんがたくさんいらっしゃいます。

 

歯列矯正をしたいけど、「痛そう」「費用がかかりそう」「期間が長そう」というイメージをお持ちの方、是非1度、矯正歯科医のカウンセリングへ行ってみましょう。