矯正歯科専門医 宮島悠旗

ブログ

ブログ

歯列矯正をしているのが見えているのが「かっこいい!」文化

15.09.01

こんにちは、宮島です。

 

11720940_674331672698327_909501774_o

 

歯列矯正が、「かっこいい!」とは、いったいどうゆうことなの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

今日は、欧米と日本の「歯」についての考え方の違いについて。

 

アメリカでは、わが子が高校生までに歯並びの矯正を終わらせることが、親の務めとされています。

自分の子の歯並びも治すことができない、もしくはおこなわない親は、親として責任をきちんと果たしていない、と周囲から捉えられてしまうほど、歯並びに関しては、特に積極的に取り組んでいるのです。

 

そして、日本との大きな違いは、

矯正治療をおこなっている、矯正装置をつけていること自体が「ステータス」

 

となっていることです

 

欧米では

「歯並びが悪いこと」=「恥ずかしい」「教養がない証拠」「親がちゃんと育てていないせい」「歯を治すお金がない」

 

というふうに周りから見られてしまいます。

 

つまり言い換えると、

 

「歯並びが美しい」=「教養がある」「歯並びのよい子を育てている」「お金がある」

 

というステータスになっていて、常識なのです。

 

ですから、矯正治療ができること、矯正装置をつけることが、「かっこいい!」という考えにつながるのです。

 

でも、少しづつではありますが、私たち日本人も、例えば芸能人が目立たないタイプの矯正装置をつけてテレビ出演をしていたり、女優・モデルさんが歯列矯正をして歯並び整い、口元がとてもきれいになっていたり、と

一昔前に比べて、「矯正治療は見た目がかっこ悪い」と思われる文化から、「堂々と矯正治療ができる」文化に変化しつつあると思います。

 

これは、日本もグローバルになっているという証拠なのかもしれませんね。

 

 

 

あなたの口元は、会った相手にどんな印象を与えているでしょうか。

少しでも気になったら、セルフチェック、そしてカウンセリングへ行ってみましょう。

 

11663895_674332246031603_602390256_o