矯正歯科専門医 宮島悠旗

ブログ

ブログ

急増している?「美容系男子」とは。

17.02.17

11733608_674332252698269_1751037222_o

こんにちは、矯正歯科医の宮島です。

 

「爪のお手入れは女性がするもの」、私はここ最近までそう思っていました。

 

しかし、今は違いました。

 

びしっとかっこいいスーツを着こなし

リモワのスーツケースを片手に引いたビジネスマンが

都内の一角にあるネイルサロンへ入っていく・・・

 

その男性が入っていった店内を遠目に見ると、中には数人の男性が施術を受けていました。

 

先日、タイムリーなことにテレビで「密かにブームのネイル男子」の取材の番組を見ました。

 

一見、爪のお手入れをする男性は、ファッションやおしゃれ、モデルのような仕事をしている人がするものと思っていました。

 

実は、最近、一般のビジネスマンのお客さんが急増しているみたいです。

 

その理由は、

 

主に初対面で挨拶をするとき、そして名刺交換の時に相手へ好印象を与えられるから、というもの。

ビジネスシーンでのエチケットとして活用する男性が増えているようです。

 

確かに会話の最中や、食事中など、無意識に相手の指先を見ていることはあります。

もしひどいササクレで荒れていたり、爪の間が黒ずんでいたとしたら…、

その人の日常生活を少し想像してしまいますよね。

 

「男性もここまで身だしなみに気を遣う時代になったのか」、と感じます。

 

 

「私が思う、本当に「かっこいい」男性は、

ハイブランドの小物や高級車、腕時計とかにお金をかけなくても、自分自身に元から備わっている、「歯」や「爪」、「肌」自分の体のパーツにお金をかける。

きっともともと「美意識」が高いから、自然とその人が身に付けるものもその人になじんで「かっこよく」見える。

 

と、患者さんが話しをしてくれました。

 

人の第一印象でとても大事な部分である目元、口元、手先、指先。

 

全く知らない男性から、

綺麗に手入れされた指先で名刺を渡され、さわやかな笑顔の口元。

そして、白く整った歯並びが見えたら……

「おっ、この人素敵な人だな」と感じてしまうかもしれませんね。

 

じつは、周りの人たちからは、意外とみられているかもしれません、あなたの手先、指先、口元、目元…。

 

私も常に意識をしないと。

11728286_674333176031510_1851304237_o