矯正歯科専門医 宮島悠旗

歯並びが与える影響

歯並びが与える影響

歯並びにお悩みの方は多いと思います。毎日鏡を見ながら「もう少し歯並びが良かったら・・・」と考える方も少なくないでしょう。しかし、悪い歯並びが及ぼす身体的影響を皆さんはご存知でしょうか。見た目だけではない、歯並びが悪いと連鎖的に起こるデメリットを紹介いたします。

歯の寿命を縮める

虫歯になりやすくなる
ブラッシングが困難な歯と歯の間のスペースは、虫歯の温床となります。
歯周病になりやすい
入り組んでいる歯の隙間など、特定の部分だけ歯周病が進行していきます。
唾液の分泌量が減る
正常に噛めないことで、噛む回数が少なくなり唾液の分泌量が減ります。口内の細菌を殺してくれる役割を持つ唾液が出ないことで、歯垢が溜まり、虫歯や歯周病になりやすくなります。

消化に悪い

食べ物がよく噛めない
歯並びは上顎と下顎を閉じた際に、顎の関節に均等な力を加える役割も担っています。しかし、歯並びが悪いとその力が不均等になり、きちんと食べ物が噛めず、ひいてはあごの発達にも悪影響があると言われています。
消化器官に影響を及ぼす
悪い歯並びで食べ物を咀嚼し、十分に噛み砕かれていない状態のまま胃に送り込んでしまうと、それを消化する際、胃に多大な負担がかかります。そして、そのことが原因で胃痛や胃炎などを引き起こす恐れがあります。

口呼吸になる

口が閉じれない
歯並びが悪いために、口を閉じにくく感じてしまい、口呼吸をしてしまうこともあります。口呼吸は免疫力が低下するため、風邪を引くたびに高熱を出す原因となります。

滑舌が悪くなる

正確な発音ができなくなる
口は発生した音をコントロールする役割を持っています。しかし、歯並びが悪いと歯の隙間から空気が漏れてしまうために音が乱れ、はっきりとした発音が難しくなります。

その他部位への悪影響

偏頭痛や首、肩のコリ、腰痛
歯を支えている歯根膜は自律神経に繋がっており、偏頭痛や首、肩のコリ、腰痛、手や足のしびれなど、歯とは関係ない部分に影響が出ることがあります。
視力低下や耳鳴り
あごの関節の後ろにも、目や耳など重要な器官につながる血管や神経が通っており、噛み合わせのズレが顎関節に与える悪影響により、視力低下や耳鳴りといった症状があらわれる場合もあります。

ここで紹介した例はほんの一部です。このように悪い歯並びが連鎖的に与える身体的影響は計り知れません。このほかにも「老けて見える」「歯のかぶせ物が作りにくくなる」など様々なデメリットがあります。そして、なにより歯並びが悪いと自分の笑顔に自信が持てなくなります。やっぱり嬉しいときは大きく口を開けて笑いたいですよね。実際矯正後、人前で気にせず笑えるようになり、性格まで明るくなったと感じる人は大勢います。
皆さんも今一度矯正について真剣に考えてみませんか?